ボールペンにこだわる:ボールペン・ローラーボール・文房具・筆記具の紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペリカン ゼット

『ペリカン ゼット ボールペン』

予算1000円以内で、軸が軽くて、汗で手が滑らない、
パーカー互換のボールペンを探す人向けの一本。

ペリカン ゼット

スポンサーサイト

カランダッシュ 849 LOVE PEN

『カランダッシュ 849 LOVE PEN』

カランダッシュの849コレクション(旧オフィスライン)では、
毎年様々な限定バージョンを出しています。
その一つ、2006年の限定版にこのLOVEPENがあります。

<デザイン>
このボールペンはLOVE PENと名付けられているわけですが、
その名の通りと言いますか、
軸に7ヶ国語で「愛」の字が書かれています。

cd_lovepen.jpg


カランダッシュ フロスティ

『カランダッシュ フロスティ』

カランダッシュはスイスのブランドなのですが、
ボールペンに興味がある人には結構有名なのではないでしょうか。
特にインクとして使われている「ゴリアット」は、
最近の国産の優秀なリフィルが登場するまでは、
間違いなく世界最高の書き味でした。

もっとも、カランダッシュのボールペンの多くは高く、
数万円する物もざらにあります。
それはそれでボールペン好きは納得して買うのですが、
文房具に興味のない人や興味を持ったばかりの人には、
とてもじゃないけど手が出ないし出す気にもなれないでしょう。
そこで、この『フロスティー』です。



ファーバーカステル グリップ2011

『ファーバーカステル グリップ2011』

ボールペン(シャープペンシル)の世界も広いもので、
安いものは100円から買える一方で、逆に高いものも際限がありません。

それでいて高いボールペンが必ずしも使いやすいわけでもなく、
安いものが書きやすかったりするので、
そこが難しいところでもあるわけです。

でも、とりあえず疲れない・疲れにくいボールペン・シャープペンが欲しい、
それでいて予算制限がある。
そしてもしその予算の枠が2000円以内っていうのであれば、
私は迷うことなく『ファーバーカステル グリップ2011』をすすめます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。