カランダッシュ FIXPENCIL22 マーブル柄芯ホルダー:ボールペンにこだわる:ボールペン・ローラーボール・文房具・筆記具の紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カランダッシュ FIXPENCIL22 マーブル柄芯ホルダー

『カランダッシュ FIXPENCIL22 マーブル柄芯ホルダー』

筆圧の高い私はすぐ折ってしまうシャープペンシルは合わない、
でも今更鉛筆を使うのにも抵抗がある。

そんな私が最初に購入した芯ホルダーが、
カランダッシュのFIXPENCIL22でした。
 
【CARAN D'ACHE/カランダッシュ】FIXPENCIL22マーブル柄芯ホルダー
 


<デザイン・感触>
カランダッシュということで、
ボールペンなどと同じように六角形の軸になっています。
鉛筆には六角形の物が多いし、そういう印象が強い人もいるでしょうから、
ずっと鉛筆を使っていた人でも違和感なく使用できると思います。

また、芯が入っている状態でも11グラムしかありませんので、
鉛筆の軽さが好きでペンシルの重さが苦手だという人なら、
より気に入る可能性が大きくなります。
重いのが好きな人でも、用途により軽い方が便利な場合もあるので、
鉛筆代わりに持つのに適した一本と言えるでしょう。

加えて、芯ホルダーは鉛筆と同じように芯を削る必要があるのですが、
これのヘッド部分を取るとそこで芯を削ることも出来ます。
この機能は便利ですね。

機構はドロップ式で、ノックすると芯が一気に出てくるタイプです。
最初は若干の抵抗もありましたが、すぐに慣れますし、
慣れると自分で好きな長さに調整できる分、
普通のノック式より使いやすくなります。

<色合い>
カランダッシュは高級筆記具を扱うブランドにしては珍しく、
芯ホルダー全般にも力を入れています。

そのため種類も豊富にあるのですが、
とりあえず私はマーブル柄にしました。
これは以前はボールペンでもあったのですが廃盤になっていて、
今は芯ホルダーでしか入手できません。
fix220001.jpg

マーブル柄は他にはない色合いで、
何とも独特な雰囲気を醸し出しています。
また、一本一本模様が異なりますので、
自分だけの模様を堪能することができます。
最初はここはもう少しこういう色だったらとか思っても、
それが次第に自分だけの味に見えてくるので、
これはこれで中々に良いものです。

<替え芯>
2mmの芯ホルダーですので、市販の2mmの芯を使用できます。
デザインとも関連しますが、
鉛筆と異なりどれだけ使用しても軸の長さが不変で、
バランスが良いのが個人的には芯ホルダーの良いところだと思います。

<総合>
実用性を重視した芯ホルダー、
特に鉛筆により近い形をしたもので、
それでいて外見にも違いを見せ付けることができる。
コストパフォーマンスなども考慮すると、
かなり理想系に近い芯ホルダーではないでしょうか。
これ一本あれば他はもう要らないって人も出てくるような、
全ての面で非常に優れた芯ホルダーだと思います。

 
【CARAN D'ACHE/カランダッシュ】FIXPENCIL22マーブル柄芯ホルダー
 

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://rollerballpen.blog.fc2.com/tb.php/53-da4f45e5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。