S.T.デュポン デフィ ホープ・コレクション:ボールペンにこだわる:ボールペン・ローラーボール・文房具・筆記具の紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S.T.デュポン デフィ ホープ・コレクション

『S.T.デュポン デフィ ホープ・コレクション(Hope for Japan)』

デュポンから日本へのエールということで、
デュポンは日本の復興を支援するため、
「Hope for Japan」という特別なコレクションを作りました。

数量限定の1タイムエディションで、
商品1 点につき50 ユーロ(約6,000 円)が、
日本赤十字社を通じて被災地へ寄付されます。

デフィ ホープ・コレクション


<デザイン>
まずはベースとなる「DEFI(デフィ)」というボールペンについて。
デフィには「挑戦」という意味があり、
高級路線を歩んできたデュポンが新路線を開拓すべく投入した1品です。

宇宙工学から発想を得たとされるシャープなボディに、
縦の直線を効果的に取り入れることで近未来的なクールさを表現。
最新鋭のジェット戦闘機のような、シャープでスピード感ある
スリム&スタイリッシュなフォルムを目指したペンなのです。

技術面に注目しますと、美しい光沢を放つメタル部分は、
射出鋳造によるアルミニウム合金をベースに、
そこにパラディウム・フィニッシュを施したものになります。
射出鋳造とは型に金属を吹き付けて成型する技術で、
より堅牢に作ることができるそうです。
これはF1や航空機などに採用される最先端テクノロジーだそうで、
筆記具に採用されたのはこれが初とのことです。

加えて、クリップ部分はバネになっていますので、
ポケットなどに入れて持ち歩くのにも適しています。

機構は回転繰り出し式で、軸とペン先の間の部分が回転します。
普通の回転式より下方にあるので、
最初は片手での操作は手間取るかもしれません。
でも次第に慣れてきますし、
そうなれば片手での出し入れもできるようになると思います。

ホープ・コレクションはそのデフィの限定版で、
軸は愛と情熱のシンボルの明るい赤をベースに、
日本を象徴する花である「桜」が描かれ、
枝の部分には一日でも早い復興の意味を込めた、
「希望」という漢字があしらわれています。
hopeforjapan001.jpg

<感触>
巷では実用品としても評判が良いようですが、
それは後述するインクとの関連が強いのであって、
軸自体は特別使いやすいってほどでもないのかなと。
でもどこが悪いというわけでもないので、
ごく普通に使えると思います。
まぁ、何の不満も感じずに普通に使えるというのが、
実は一番難しいことなのかもしれませんけどね。

また堅牢ということで、気兼ねなく使えるのも良い感じです。
携帯用には、こういうのはありがたいですね。

ただ、グリップ部分は金属になりますので、
手汗で滑りやすい人はやや注意が必要なのかなと思います。

<インク・替え芯>
リフィルはパーカー互換芯です。
標準でパーカー互換では最もなめらかに書ける、
シュミットの「easy flow」を採用していますので、
購入後からすぐに滑らかな書き味を堪能することができます。
そもそもDEFIの実用品としての評判を作ったのも、
この「easy flow」を他社を先駆けて採用したことにありますからね。
ブームを作った一本としても、大きな意義があります。

<総合>
価格もデュポンにしてはかなり抑えられていますし、
これまで以上に実用性にも配慮されており、
いろんな意味でデュポンの本気を感じ取ることができたボールペンでした。

DEFIはリフィルの良さで評判だった上に、
店頭でもやたらと存在感があり以前から気になっていました。
万年筆やローラーボールの形はどうなのかなとも思いますが、
ボールペンの形はとても洗練されていますし、
とても格好良く見えるのです。
だから一応は狙っていたものの、ずっと機会を逃していたわけでして。
それでしばらく経ってから出てきたのが、赤い色のデフィでした。
これにはかなり惹かれましたね。
いや、いろいろ集めていると、
黒や青系のペンはいくらでも増えていくのです。
私はあまり黒系は好きではないのですが、それでも増えていきます。
でも、良いやつで赤系で欲しいのとなると、意外に見つからないのですよ。
だから赤のデフィが出たときには凄く悩んだんです。
まぁ、結局は金銭的な理由もあって買いきれなかったのですが、
そこにきてのこのホープコレクションです。
元々1本は欲しいと思っていたデフィシリーズで、しかも限定品。
何かハッキリとしたモチーフの描かれた物も探していたので、
桜に希望という和の要素と強いメッセージが込められたこのペンは、
その目的にも適っていました。被災地への寄付にもなりますしね。
ここまで揃えば買わざるをえないでしょう。
結局デュポンのブティックで定価で買っちゃいましたが、
満足度も高かったですし、
デュポンのボールペンとしては極めてお得な1本ではないでしょうか。

楽天最安値

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://rollerballpen.blog.fc2.com/tb.php/57-663f69eb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。