ペリカン ゼット:ボールペンにこだわる:ボールペン・ローラーボール・文房具・筆記具の紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペリカン ゼット

『ペリカン ゼット ボールペン』

予算1000円以内で、軸が軽くて、汗で手が滑らない、
パーカー互換のボールペンを探す人向けの一本。

ペリカン ゼット

<デザイン>
基本はプラスチックなのですが、グリップ部分がコルクになっています。
軸は上部が少し反っていてそこに強力なクリップがついており、
ちょっとしたアクセントになっています。

<感触>
まず14g程ということで、軽いです。
日常使いは多少重い方が便利なので、長文に向いた構造だと思います。

一番の特徴は、何といってもグリップ部分のコルクにあるでしょう。
手汗で滑りやすいなどの理由で、
グリップに滑り止めが欲しい人は多いと思います。
それで500円以内のボールペンには、
グリップにラバーが巻かれていることも多いのですが、
ラバーは時間が経つと劣化していきますし、
変な汁が出てくるのでラバーが嫌いという人もいるでしょう。
そういう人にこそオススメなのがこのボールペンで、
コルクのグリップは外見的なアクセントだけでなく、
滑り止めとして非常に役に立ちます。

<インク・替え芯>
この価格帯では珍しいかもしれませんが、
リフィルはパーカー互換です。
標準のはあまり良いとは思えなかったのですが、
パーカー互換で好きなのがあればそれを使えば良いですし、
easy flowなどを使えば劇的に使いやすくなります。

<総合>
ボールペンはそもそも万人に完璧な仕様のものはなく、
目的によっても適したものはかわってきます。
パーカー互換の芯で長文を書きたい、
グリップにはラバー以外の滑り止めが欲しい、
それでいて価格は1000円ほどに抑えたいという人であれば、
ゼットは非常にオススメできるボールペンのように思います。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://rollerballpen.blog.fc2.com/tb.php/65-c2b8b6d6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。