ラミー2000 4色ボールペン:ボールペンにこだわる:ボールペン・ローラーボール・文房具・筆記具の紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラミー2000 4色ボールペン

『ラミー2000 4色ボールペン』

多色ボールペンもいろいろ買いましたが、
4色ボールペンの定番クラスの最高級ラインであるラミー2000は、
やっぱり気になってしまうものでして。

LAMY マルチボールペン ラミー2000


<デザイン>
流線型のとってもシンプルでスマートな形状です。
しかし4色ボールペンの中では、このスマートさが逆に異彩を放ちます。
通常の多色ペンは太い軸のものが多いです。
もちろんそれが良いという人もいるでしょうが、
逆にその太さが嫌という人もいるでしょう。
ラミー2000の4色太い部分でも12mmであり、
普通のボールペンと同じ感覚で使えます。
他のペンの太さが気になる人には、
これは大きなアドバンテージとなるでしょう。

軸の色は黒のみ。
素材はプラスチックなのですが、
マットなブラックで表面がザラザラした感じに処理してあり、
他のプラスチックとは比べ物にならないほど高級感があります。
芯交換のためにはずす部分の継ぎ目も一瞬分からないくらいで、
上手く作られているなと完成度の高さが伝わってきます。

クリップはクリップオンマルチほど強力ではありませんが、
それでも可変になっていますので実用的だとは思います。

機構は振り子式。
出したいインクの面を上にして、ノックすると出てきます。

<感触>
長さ13.8cmの最大径1.2cm、重さが22gということで、
本当に普通のボールペンと変わらないんだなって感じです。

流線型でバランスも良く、持っていて非常に使いやすいです。
まさにシンプルイズベストですね。
上記のように軸はザラザラとした処理がなされていますので、
これがちょっとした滑り止めの機能も有しています。
プラスチックは手汗で滑るという人でも、
これなら大丈夫という人も多いのではないでしょうか。
外見的にも実用面でも、この軸の処理は素晴らしいです。

それと、これは購入動機でもあるのですが、
ノック式の4色ペンは戻すときに音がなります。
このカチッカチッて音は、
音を出したくない場所では非常に神経を使います。
ラミー2000はその音がほとんどしません。
振り子式ゆえに、軸を回すときに少し音はなってしまうのですが、
他のペンよりは小さい音です。
なので音が気になる人にも、このペンは良いと思います。

基本的に満足度はかなり高めなのですが、
振り子式の動作はややもっさりしています。
頻繁に色を変える必要がある場合にはあまり適しておらず、
その場合はクリップオンマルチ等の併用も考えた方が良いでしょう。

<インク・替え芯>
これは1番の欠点です。
ねっとりしていて、あまり書きやすくありません。
他社の4C規格のものが使えますので、
使いやすいものに替えることで、
ラミー2000は劇的に使いやすくなります。

<総合>
リフィルは他の物を使用しなければとか、
ノック部分の機構に甘さは残るため、
まだまだ改善の余地が大きいとは思うんですけどね。

スマートな軸や見た目の高級感、ノックの音の小ささなど、
他の多色ペンでは代替の利かない部分が幾つもありますので、
やっぱり多色ペンが好きな人は1本は持っていたいペンですよね。
結局皆最後はこれに落ち着くのも納得してしまえる、
そんなペンだと思います。

LAMY マルチボールペン ラミー2000 L401 (色:クロ 材質:レジン樹脂 )
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://rollerballpen.blog.fc2.com/tb.php/66-3bf27a35

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。