スティピュラ ダヴィンチ クラックドアイス:ボールペンにこだわる:ボールペン・ローラーボール・文房具・筆記具の紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スティピュラ ダヴィンチ クラックドアイス

『スティピュラ ダヴィンチ クラックドアイス』

スティピュラのダヴィンチは、
その名の通りダ・ヴィンチに捧げる為の万年筆だそうで、
ペン先が繰り出し式というキャップレスになっています。

DA12.jpg


<デザイン>
今はローラーボールなどキャップのあるペンも好きなのですが、
数年前までは苦手でした。
当時万年筆にも少し興味があったものの、
キャップがあるのは嫌ということで選んだのがこのダヴィンチでした。
それまでが精々ラミーのサファリでしたから、かなりの大冒険ですよね。

そういうわけで、ダヴィンチはキャップレスの万年筆になります。
機構的には繰り出し式になるわけで、
半月状の蓋を開きつつ少しずつペン先が出てくる様子は、
見ているだけでも楽しいものです。

もっともこのペン先を出し終えるためには、
3回転はしなければなりません。
パイロットのキャップレスデシモはノック式で出し入れも簡単ですが、
ダヴィンチにはそのような利便性はなく、
キャップ式と同様の手間がかかってしまうのは残念でしたね。

色は黒とクラックドアイスの2種類があるのですが、
私はクラックドアイスにしました。
木の黒柿孔雀杢もそうなんですが、
どうやらこういう模様に弱いみたいです。
DA13.jpg

白、と言っても大理石とかオイスターっぽい白なんですが、
ところにより輝いて見えます。
その周りが黒く縁取られていて、その対比が美しいですね。
また白と黒が入り混じってグレーっぽくなっているところも、
存在感を際立たせていて凄く良い味わいになっています。
ダヴィンチのクラックドアイスを知ってからは、
他のブランドのクラックアイスがちゃちに見えちゃうのですが、
これはダヴィンチのグレーの部分が綺麗だからなんだと思いますね。

またこの模様は1本1本皆違うみたいです。
私は人と同じ物があまり好きでないので、
こういう自分だけのって感覚はポイントが非常に高いですよ。
加えて「レオナルド・ダ・ヴィンチ」の名前が彫ってあるのも、
ちょっとしたことだけど嬉しかったですね。

<感触>
とにかく重厚な万年筆で、重さもかなりあります。
50g以上あるみたいですね。
しかし重心が筆記時でクリップの中ほどの位置と、
かなり下の方にあるからなんでしょうね、
そんな重さは全く感じないです。
購入前はそのカタログ上の重さが気になりましたが、
下手な30gのペンよりも使いやすいかもしれないですね。
少なくとも私は全く気にならないです。

グリップはかなり太めになりますが、これも太軸好きには良い感じです。

ニブも14金で書きやすいですしね。
本当は軸にあわせて豪快に使った方が似合ってるかもしれないけれど、
実用性を考えてEFにしました。
スティピュラって使ったことなかったけど、結構太めですかね。
本当はもっと詳しく書ければ良いのでしょうが、
それ以前は鉄ニブのサファリレベルしか知りませんし、
以後はまたボールペンの世界に戻ってしまったので、
あまり比較のしようがないのですが、
書き味に不満はありませんでした。

ただ、構造的欠陥と言いますか、繰り出し部分の機密性が弱いので、
非常に乾燥しやすいです。
ここが最大の欠点であり、かなり手間のかかる万年筆だと思います。

<総合>
乾きやすい、回転が面倒という欠点はありますが、
色はとても綺麗ですし、貴重なキャップレスでもありますし、
万年筆はもうこれで十分だとも思った一品でした。
コメント
非公開コメント

こんにちは。

最近になってこのダ・ヴィンチのクラックドアイスが欲しくなりました。
この商品は2006年ごろ?発売だったらしいので諦めかけていました。

が、こちらのブログを拝見しまして投稿日が2012-01-03となのを受けて、まだ勝機はある!と希望をもてました。

いつ、どこの店で購入されたのですか?
それとも、海外のネットショップですか?

こんにちは。
PCを替えたらログインパスワードを忘れてしまい、ブログも放置状態になって、コメントも今日になって気付きました。
返事が遅れてしまい、すみません。

店名は忘れてしまったのですが、海外のネットショップです。
グーグルで検索して見つけた店でした。
記事は今年ですが、購入したのは2010年だったと思います。
あまり参考にならなくて申し訳ないです。

トラックバック

http://rollerballpen.blog.fc2.com/tb.php/70-dbd8011c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。