CUA produc ENVELOOP ロールペンケース:ボールペンにこだわる:ボールペン・ローラーボール・文房具・筆記具の紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CUA produc ENVELOOP ロールペンケース

『CUA produc ENVELOOP ロールペンケース』

使いやすいロールペンケースを求めて、分度器さんで購入したやつです。
いつも売り上げ順位が良いので、ずっと気になっていたやつでした。

 
 


基本は倉敷帆布で出来ており、
頑丈でいながら傷や汚れも目立たない仕様になっています。
中のペンを入れる部分は革なのですが、
スウェードで出来ていてとても柔らかいです。

長いペン用が4箇所で、他に短いペン用が2箇所あります。
スケッチペンのような短い筆記具を用いる人にもありがたい構造ですね。
他にも消しゴムとか小物を入れられるポケットもあり、
非常に使い勝手が良いです。
加えて、外側にも1本入れることが出来、とっさにペンを取り出せないという、
従来のロールペンケースの弱点を見事に克服しています。

使う人の立場から作られたと言うのは伊達ではなく、
ロールペンケースにおける機能性の高さという点では、
おそらく屈指の出来なのではないでしょうか。

それと買ってみて感じたのですが、
ペンを入れて巻いたときの形がとても綺麗なんですよ。
全部の箇所にペンを入れても、非常にスッキリしているんです。
ロールペンケースでペンをフルに入れると、
結構巻いたとき変な形になるのも多いですからね。
これは素直に凄いなと。

また、ペンを入れる部分が浅いと結構傷がついたりするものです。
その点、これはかなり深めなので、
そういった心配も無用と言えるでしょう。

ですので使う文房具によっては、
これは最適なペンケースになる気もしますね。
売れるのも当然といや当然な作りと言えるでしょう。

ただ、あくまでも個人的な感想ではありますが、
「使う文房具によっては」と言ったように、
私には少々合わなかったみたいでして。

というのも、ペンをいれるところは、
サファリとかで結構ギリギリっぽいくらいなので、
それより太い筆記具だと無理なのも出てきます。
私の場合、基本的に太目の筆記具が多いです。
なので入らなかったり、入っても入れにくいのが結構多かったりします。
後、私はクリップで押えるのが好きではないので、
ペンをそのまま入れたいタイプです。
そうすると長いポケットにはスッポリとペンが入ってしまい、
非常に取り出しにくいです。
ポケットの長さは短いポケットよりちょっと長いくらいで十分なんですよね。
多少ペンの上部が出ている方が見栄えもするし取り出しやすいし、
それに上からカバーがあればそれで傷防止の機能も果たせますし。
また長めの定規を入れるところがないのも不便っちゃあ、
不便でしたしね。

そういうこともあって、人によっては良いペンケースだとは思いつつも、
実は使いこなせていなかったりします。
まぁ、私のようなのは例外的なのかもしれませんし、
普通の人はまず大丈夫なんでしょうけどね。

ケース類全般に当てはまることですが、
他人の意見よりも自分の用途を検討する方が大事。
あらためてそう感じたものです。

作りは間違いなく良いと思いますので、
これでペンを入れる所の幅が広くてポケットがもう少し短いのが出たら、
間違いなくまた買っちゃうでしょうね。

 
 

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://rollerballpen.blog.fc2.com/tb.php/72-5c2d8510

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。