カランダッシュ エクリドール エクラ:ボールペンにこだわる:ボールペン・ローラーボール・文房具・筆記具の紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カランダッシュ エクリドール エクラ

『カランダッシュ エクリドール エクラ』

エクラシリーズはずっと欲しいと思っていたのですが、
機会を逃し続けていました。
それでついに購入したエクラは、やっぱり初代でした。

カランダッシュ エクリドール エクラ


<デザイン>
カランダッシュの代表作といえばエクリドールシリーズですが、
その中でもエクラはスワロフスキーのクリスタルを散りばめ、
とても綺麗な作りになっています。
ちょっと光ってしまって、写真がおもいっきりピンボケしてますけどね。
cdec100.jpg

今では毎年のように冬に新作が発売されており、
2010年の段階では6作目が発売になっています。
次第にクリスタルの数が増えていったり、
他の宝石も加わったりしていて、
それぞれ個性があってとても良いと思います。

ただ、最近のやつに比べるとクリスタルの数では負けるかもしれないけど、
私はやっぱり初代のが1番好きなんですよね。
初代にはアラベスク模様が描かれていて、
その模様とクリスタルの組み合わせがとっても好きなんですよ。

筆記具を宝石に例える表現はたまに見かけますが、
これはまさに宝石そのものですよね。
特に女性にピッタリなデザインだと思います。

<感触>
基本的にはエクリドールと同じですね。
鉛筆のような六角形の軸になりますが、
エクリドールはやや細めの軸になります。
太い軸を好む人にはどうかなとも思いますが、
細軸が好みの人や女性にはこれくらいで調度良いでしょう。
特にエクラは女性をターゲットにしたデザインですので、
細軸は非常にマッチしているように思います。

スワロフスキーが埋め込まれている関係で、
軸はその部分だけ少し突起があります。
これは特に違和感のない範囲ですし、
むしろすべり止めになって良い感じです。
エクリドールでもコーティングした物は滑りやすいとの意見もありますが、
その弱点を突起でカバーしているわけですね。

<インク・替え芯>
カランダッシュということで、ゴリアットになります。
一昔前までは世界最高とも言われた油性のリフィルです。
今は国産の優秀な物が増えていますが、
それでも安定感は失われておらず、
十分に使いやすいと思います。

<総合>
私が持っているバリアスシリーズはアイバンホーゴールドで、
こちらは極めて男性的なつくりです。
男性的でゴールドのアイバンホーゴールドに、
女性的でシルバーのエクリドールエクラ。
並べて持つと何となく嬉しくなってきますね。
何かがくっついているタイプのペンは取れるという心配もありますが、
この光景が見たくて買っちゃった感じですしね。
cdec111.jpg

長く気になっていたペンでもあっただけに、
とてもスッキリした気分にもなれました。
どうしても人を選ぶタイプのペンかとは思いますが、
とても満足の出来る1品ですね。

カランダッシュ エクリドール エクラ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://rollerballpen.blog.fc2.com/tb.php/75-9b8b2a73

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。