神の木 パロサント:ボールペンにこだわる:ボールペン・ローラーボール・文房具・筆記具の紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神の木 パロサント

『神の木 パロサント ボールペン』

ハンドメイドで作られた、パロサントのボールペンです。
タイプはパトリオットペンになりますね。

パトリオットタイプに関してはハンドメイドでは有名な形状ですので、
詳しくは省略します。
機構は回転式で軸は流線型ですね。
やや短めだけど、持ちやすく使いやすい形状です。

替え芯は基本的にはパーカー互換なのですが、
いつものごとくジェットストリームを入れて使っています。

そういうわけで、ここからは素材であるパロサントについての説明を。

parosa1112.jpg


パロサントってあまり知られていない木材ですよね。
もっとも、アロマテラピーを好む人には馴染みがあるかもしれません。
香木の一種で、アロマテラピーに用いられることもあるみたいですから。
バニラのような甘い香りが漂ってきて、
何ともいえない安らいだ気分になれます。

もちろんその匂いも良いけれど、それ以上に惹かれたのが木目でした。
黄色っぽい色というか、普通の木の色がベースなのですが、
そこに緑色のラインが入っています。

私は黒柿(白黒)や花梨(紅白)のように、
複数の色が入り混じった木材に弱いみたいでして。
このパロサントの黄色と緑のコントラストに、強く惹かれたのです。

加えて、そもそも緑色っていうこと自体がとても珍しいですよね。
木材の色は何種類かありますが、天然で緑色ってのはほとんどないです。
私が知っている限りでは、パロサントとリグナムバイタだけでしょうか。
リグナムバイタは地の部分での褐色系の要素が強いので、
緑とのコントラストはパロサントより劣ります。
リグナムバイタはリグナムバイタで濃いお茶のような深い味わいが出ますが、
コントラストや木目を楽しむならパロサントの方が良いでしょうね。

尚、リグナムバイタは世界中の木の中でも最も比重の重い木です。
ある意味最強の木として、木の好きな人の中では有名な木でもあります。
このリグナムバイタとパロサントって似てるんですよね。
特徴が本当に似ているのです。
それ故に同一の木として紹介されることもあるけれど、
どうやらちょっと違うのかな?って思ったりも。
学名が違いますからね、違う木と捉えるべきなんでしょうね。
ローズウッドなんかでも種類がいろいろありますから、
それと同じようにリグナムバイタとパロサントも、
同じ仲間の異なる種類ってところなんでしょうね。

そして、もう一つ面白いことがあります。
このペンを手に入れた当初は黄色と緑のコントラストが綺麗だったのですが、
しばらくして次第に緑色が薄くなってきました。
下の写真は、入手後しばらく経ってからの写真です。
parosa1113.jpg

模様はあるけど、緑色はほとんどないですよね。
こうなった時にはちょっと残念にも感じていたのですが、
どうやら緑色が表れるのは紫外線と関係あるようでして。
私は基本的にペンケースに入れていますので、
それで次第に色が薄くなったみたいなのです。

しかし、面白いのはここからです。
天気の良い日にお日様に当てたら、ほんの数時間で緑色が蘇ってきたのです。
上に載せた最初の写真は、実は下の写真より後に撮った写真なのです。
まるで別物みたいに、明らかに色が濃くなっているでしょ。
もっと日光に当てていたら、完全に緑色になっていたかもしれません。
一部では緑檀って言われるくらいですし。
これには驚きましたね。まるで生きているようです。
こんな木は他にはまずないでしょう。

ところで、私は実はパロサントは3本持っているのですが
(他にリグナムバイタも1本)、
変色の様子は木の状態にもよるようです。
一度緑色になったらしばらくその状態が続くのもあれば、
翌日にはすぐに色が薄れていくのもありますし。
どうしてそういう違いが生じるのか、
そこら辺は専門家なら上手く説明できるのでしょうが、
私は素人なので因果関係を上手く説明することが出来ません。
ただ、木の質によっていろいろだよってことだけは、
理解してもらいたいように思います。

さて、見た目も匂いも楽しめるパロサントですが、
それだけでもないようです。
この木は英語では「Holly Wood」と表記され、
直訳すればホーリーウッド=聖なる木となります。
南米の古代インカ帝国では「聖なる棒=神の樹」と呼ばれており、
この木を身近に置いておくだけで「幸せを呼ぶ」と言われてるのだそうです。
また、その香りと燻煙は悪を追い払うと信じられていたとのこと。

見た目良し、香り良しで、オマケにご利益まであると。
もう文句なしですね。
現実的にはこれより高い木材はあるのですが、
私の中では黒柿孔雀杢と双璧の存在ですね。
価格とは関係なしに、本当にお気に入りの1本です。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://rollerballpen.blog.fc2.com/tb.php/83-51c3e93c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。