ファーバーカステル UFO パーフェクトペンシル:ボールペンにこだわる:ボールペン・ローラーボール・文房具・筆記具の紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファーバーカステル UFO パーフェクトペンシル

『ファーバーカステル UFO パーフェクトペンシル』

最も高価な鉛筆としても有名なパーフェクトペンシル。
そのミドルラインであるUFOになります。

ファーバーカステル UFOパーフェクトペンシル


一応知らない人向けに簡単に説明しますと、
この鉛筆1本に「書く」「消す」「削る」の全ての機能が付いているのです。
つまり鉛筆本体で「書く」、
鉛筆に消しゴムが付いてるのでそれで「消す」、
そしてキャップに鉛筆削りが付いてるので「削る」というわけです。
加えてキャップは鉛筆が短くなったときには補助軸として使えますし
(黒い二重リングはその際には滑り止めの機能を果たします)、
もちろんクリップが付いてるので持ち運びも容易です。

鉛筆に欲しい要素の全てが揃っている、
それこそがパーフェクトペンシルのパーフェクトたる所以なんですね。

もっともパーフェクトペンシルが有名なのは、
むしろ「世界一高い鉛筆」という側面があるからでしょう。
「パーフェクトペンシル 伯爵 スターリングシルバー」という最上位種は、
一時期は6万円台で値下げされた今でも4万円以上します。
とても鉛筆の値段じゃありませんw

伯爵もいつかは欲しいような気もしますが、
とりあえずは懐事情と実用性を優先させました。
そこで、この廉価版の「UFO」です。
ppencil.jpg

懐事情の点に関しては、伯爵シリーズがスタシルで4万円台、
プラチナコーティングで2万円台します。
他方で、UFOは6千円台。
安売りの店ではもっと安くなり、4千円台で買えます。
まぁ、鉛筆1本の定価が6千円台というのも十分に常軌を逸していますが、
それでも伯爵シリーズよりリーズナブルですし、
これなら手も出しやすくなります。

もっとも1回限りの出費ならば、或いは高い方に特攻したかもしれません。
しかし、伯爵シリーズは替えの鉛筆も1本1200円もするんです。
消耗品に1200円は、本当に余裕のある人でなきゃ無理でしょう。
少なくとも私には無理です。
他方でUFOは、1本210円です。
それも十分高いですが、まだ手の出る範囲でしょう。

実用性の点に関しては、
伯爵の場合はその高い専用鉛筆でないと使えませんが、
UFOなら他の鉛筆も使えるんです。
家に一杯短い鉛筆がありますからね、
それらを有効利用しようと考えるとUFOしかないのですよ。
またそういうのを使えば、更に経済的ですしね。

あとは、直接は比べてないですが、
アルミ素材+補助軸のグリップ部分にゴムを巻いたUFOの方が、
伯爵よりも使いやすいと思うんですよね。
そういう理由で、今回はUFOを購入しました。

で、使い心地なんですが…
何か私はこれで満足しちゃいそうですね。
元からついてくる鉛筆は210円とはいえ、他の鉛筆よりは高いです。
そう思うとなかなか使えないです。
これでそうなんだったら、
伯爵なんて完全に見せ鉛筆になっちゃいそうです。
あれはやっぱり選ばれた人向けなんだな~と、つくづく思いました。

楽天最安値

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://rollerballpen.blog.fc2.com/tb.php/90-458ff29a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。