e+m エーマン ホエール オリーブ:ボールペンにこだわる:ボールペン・ローラーボール・文房具・筆記具の紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

e+m エーマン ホエール オリーブ

『e+m エーマン ホエール オリーブ』

エーマンは木軸の芯ホルダーを多数製作しているところですが、
その中でもノック式のホエールは最高級ラインになります。




<デザイン>
この『ホエール』は木軸なのですが、
木の種類もオリーブとブラックオークの2種類があります。
私はオリーブの方を選びました。
オリーブは原木の切り出しから乾燥まで時間がかかるそうで、
商品に使用されているオリーブの木は、
製造まで8年間寝かせたものだそうです。
(ブラックオークの方も5年間寝かせているとのこと)

私は木の加工の事はよく知らないけれど、結構大変なんですね。
作るのに8年と考えると、妙に貴重に思えてきたりも。
『ホエール』はエーマンの製品の中でも一番高いし、
芯ホルダーの中でもかなり高い部類に属します。
その値段の高さも、こうした理由からくるのでしょうね。

構造はノック式で、シャープペンと同じようにノックで芯が出てきます。
使用感覚はほとんどシャープペンと同じですね。
違いは、芯の太さが2ミリあるってくらいなものでしょう。
olive100.jpg

<感触>
肝心の使い心地ですが、
流線型のフォルムは手に馴染んでフィットします。
しかもグリップ部分は削られていて三角形の軸に似た形になっているので、
更に持ちやすくなっています。
写真だと分かりにくいけど、
ラミーのサファリやアルスターのようなグリップになっています。
バランスも良いし、非常に使いやすいですね。

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://rollerballpen.blog.fc2.com/tb.php/96-d386ea5a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。